ご縁なんてものぁ、つくるもんだよ

こんにちは

ノーブルマザー婚活サポーターの鈴木かのりです。

 

今日は劇団名古屋創立60周年記念公演「稲垣親切堂」~堀川の畔にて

を観て来ました。

今日が千秋楽。

 

34年前高校入学と同時に親の猛烈な反対を押し切って、

私は劇団名古屋に入団しました。

 

今考えると、どうして高校の演劇部ではいけなかったのか、劇団名古屋でなければいけない理由があったのか・・・

 

全くわかりません。(笑)

 

思春期の自分がどういう了見でそうした道を選んだのか

皆目見当がつきません。

 

当時の私は今では考えられないほど物怖じせず、大人の中に混ざっていたので

おもしろがられていました。

お芝居がきちんと出来なくて迷惑をかけたり、失敗したり、怒られたり思い出は数知れず・・

古くて雨漏りしていた稽古場も、新しくなったと聞いた時にはさみしくて

泣きました。

だって本当にいろんな思い出が今でも鮮明に残っていて、そのほとんどが

あのオンボロの稽古場だから。

 

劇場ロビーに入ると、すぐさま演出家の久保田先生のお姿が。

ご挨拶をするとすぐ「もう役者はやらんのか」と、

34年前と変わらず優しいはにかんだ笑顔と、身体を少しくねらせておっしゃる。

予想していなかった言葉に「あいにくご縁がなくてですね・・あはは」と濁すと

「縁なんてものぁ、つくるもんだよ。」と。

 

確かにでございます。

おっしゃる通りでございます。

 

この言葉を頂戴するために、今日はここに来たのかな。

感謝です。

私はまさにご縁をつくる仕事をしているのです。

ぜひとも会員様にもお伝えしたい言葉です。

 

お芝居は2時間半と長丁場。

役者さんの生の声の力は理屈を超える何かが入って私たちにダイレクトに届きます。

感動をありがとうございます。

千秋楽、お疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料相談はこちら

お見合い写真もご覧いただけます。
お気軽にご連絡ください。

心よりお待ちしております。