言葉は愛と感謝から

こんにちは

結婚サポートオフィスノーブルマザーの鈴木かのりです。

先日、IBJハッカソンと2回目のアテンダースクールに参加してきました。

結婚相談所を運営するためのとても貴重な情報公開があり、得るものがとっても大きな勉強会です。

 

さて、今回は「言葉」の持つ力について書いてみたいと思います。

 

 

「ありがとう」

「ばかやろう」

 

あなたはどちらの言葉を言われたいですか?

又は、自分が言いたいのはどちらですか?

 

もちろん、「ありがとう」ですよね(^^)

それは何故でしょう?

 

「ありがとう」の方が気持ちがいいですもんね(^^)

でもそれは何故?

 

それは、私たちの約60~70%が水で出来ていることと関係しているからと言ったらどう思いますか?

 

江本 勝著 「水は答えを知っている」2001年初版

 

この作者は水を氷結して結晶を観察する研究をされているのですが、

水に音楽を聴かせたり、言葉を見せたりした時の結晶が驚くべき答えを教えてくれているのを写真と共にまとめられています。

 

「ありがとう」という言葉を見せた水は綺麗な形の整った結晶を見ることが出来ます。

しかし、「ばかやろう」を見せた水は結晶すら作ることが出来ません。

これは日本語だけでなく、さまざまな国の言葉でも同じ結果で出来る結晶の形は、言葉によってそれぞれ違います。

 

作者曰く、完璧な美しさを見せたのは「愛・感謝」の結晶。

この本には実際の写真も掲載されているのですが、綺麗な六角形でまるで宝石のような美しさです。

 

私達の身体の半分以上が水で出来ていると考えた時、赤ちゃんに至っては80%と言われていることを思うと、美しい愛のある言葉がいかに大切か。

自分の子育てを振り返るとぞっとしますが・・・(-_-;)

 

これは余談ですが

昔付き合っていた彼氏に「あなたは言葉が汚い」と指摘されたことがありました。私がしゃちほこの目玉の事を「目ん玉」と言った時です(笑)

この場合、「眼球」というべきだったのかしら?(笑)

 

私個人の考え方ですが

普段自分の発する言葉、相手から投げかけられる言葉によって私達の身体の中でさまざまな結晶が生まれたり崩れたりしているのではないでしょうか。

その結晶の形がその人の柄をつくり、それが人柄、雰囲気をつくるのではないかと思うのです。

 

先日、上から目線の横柄なおじ様に命令口調で対応された際

私はとっても気持ちがドヨ~ンとなりました。

きっとこの時私の身体の中の水もドヨ~ンとして崩れたに違いありません(笑)

 

こんな時は同じ言葉で応酬しては自分の質が下がってしまう。

笑顔で「ありがとうございます」とお返ししました(^^)

 

もし、体調が優れなかったり、自分を根本から変えたい、と感じた時は「言葉」を「愛と感謝の心」から発してみたり、美しい音楽を聴いてみるのも有効かもしれませんね♡

 

 

 

 

 

 

 

 

無料相談はこちら

お見合い写真もご覧いただけます。
お気軽にご連絡ください。

心よりお待ちしております。